アソビの倉庫

短編小説、演劇脚本、写真など、わたくし結希遊の作品を掲載しております

君の味

 

ガタンゴトンガタンゴトン
日々の技術の進歩のおかげで最も美味しい味付けになれます
ガタンゴトンガタンゴトン
人より多くの時間をかけて育ててもらえます
汗と涙と血潮が詰まったら素晴らしいあなたになれるでしょう
ガタンゴトンガタンゴトン
ここには仲間がいっぱいいます
辛いことがあっても怖くありません
ガタンゴトンガタンゴトン
左の君は何をしたいんだい
私は好みの味付けで店頭に並んで美味しくいただいてもらいたいです
右の君は何をしたいんだい
僕は彼が美味しくいただいてもらえるように力一杯支えてあげたいんだ
前の君は何をしているんだい
俺は素材の味を生かしてだれでも美味しくいただいてもらうんだ
ガタンゴトンガタンゴトン
君は何になりたいんだい
君はどんな味になれるかな
君を美味しい味付けにしてあげるからね
必ず素晴らしい君になれるよ
ガタンゴトンガタンゴトン
君をのせて
ガタンゴトンガタンゴトン
君たちをのせて
ガタンゴトンガタンゴトン
このレールの先に共に行こう
素晴らしいものが待っているのさ
ガタンゴトンガタンゴトン
君を連れて行ってあげよう
ガタンゴトンガタンゴトン
今日は4月1日